ダックツアーは参加必須!?~ハウステンボス

ハウステンボスを海からも楽しみたい!そんな方へ

ハウステンボスの場内観光ツアーと併せて体験してもらいたいのが水陸両用バスを使った「ダックツアー」!

このダックツアーは日本に1台しかない海水に対応したバスです。他の河川用の車体と違い開発にもお金がかかってるようで、その金額は何と1億円!!日本唯一の海へも入れるバスツアーを紹介します。

※12/16、東京湾でも海水に対応したバスが運行を開始しました。

 

ダックツアーは予約制ですが、当日空きがあればその場で受付すれば参加できます。午前3便と午後3便の計6回あります。料金は45分で1人2500円です。

午前便の受付はウエルカムゲート外、午後便はハーバーゲート付近でしています。今回は午後便に参加したのでハーバータウンからのスタートでした。

ハウステンボス ダックツアーの水陸両用バス
ハウステンボス ダックツアー

こちらがダックツアーのバス。見たことがある人もいると思います。キャラクターの名前は「ダッパ君」ダック+カッパですね。この日はあいにくの雨、窓がないので雨の日は濡れてもいい格好で参加を。写真が映えないので別日の写真を混ぜながら紹介していきます。

 

ハウステンボスのダックツアー
ハウステンボス ダックツアー

まずはハーバーゲートを通りホテルアムステルダム前を抜けていきます。前方の白いバスは空港⇔ハウステンボス間の無料送迎バスです。

 

ハウステンボスのダックツアー
ハウステンボス ダックツアー

スリラーシティ前で左へ折れ、運河の向こうにアトラクションタウンを見ながら走ります。

 

ハウステンボスのダックツアー
ハウステンボス ダックツアー

アートガーデンを通過、この建物の間を抜け観覧車方面へ行くとホースランド、以前紹介の馬車ツアーはコチラから。

 

ハウステンボスのダックツアーで恐竜の森へ
ハウステンボス ダックツアー

アドベンチャーパークへ。後で恐竜の前でパチリ!隠れた撮影スポットです。

 

ハウステンボスのダックツアー
ハウステンボス ダックツアー

さっきまでの道を逆向きに走りアムステルダムシティへ。

 

ハウステンボスのダックツアー
ハウステンボス ダックツアー

アムステルダムシティの突き当りで左へ折れてスリラーシティへ。この後普段は通れない所へ。

 

ハウステンボスのダックツアー
ハウステンボス ダックツアー

TFM裏からヨット用スロープへ抜けます。いよいよダックツアー最大の楽しみ、ここから「ザッパーーーン!」と海へ入って行きます。

「1、2、3、ダーーーッ!!」

ハウステンボスのダックツアーで海に入った瞬間
ハウステンボス ダックツアー

ザッパーーーン!!

ここで歓声が上がります。ガイドさん、さすが分かってます。シャッターチャンスをしっかり作ってくれます。

 

ハウステンボスのダックツアー
ハウステンボス ダックツアー

海から見たハウステンボス、雨なのが残念。晴れた日にリベンジしよう!あ、ダックツアーは午前午後だけでなく、時期やイベントに合わせてルートを変えるので何度でも楽しめます!

 

ハウステンボスのダックツアーでウェルネスから見たデリーフデ号
ハウステンボス ダックツアー

デ・リーフデ号も裏から見るとまた違って見える?

 

ハウステンボスのダックツアーで海から見たウォーターマークホテル
ハウステンボス ダックツアー

海から見たウォーターマークホテル。写ってませんがこの右にある桟橋は花火を打ち上げる場所です。ぜひデラックスハーバービューに泊まって部屋から鑑賞を。

遊覧が終わると先程のスロープから陸へ。何回かに一回かで、滑ってスロープを上がれないそう。上がったら真水のプールで海水を落とし、スタッフさんがホースで水洗い。

ハウステンボス ダックツアーのルートマップ
ハウステンボス ダックツアー マップ

公式ページから拝借。黄色いのがルートですが、実際はちょっと違います。

運転手さんも受付のお姉さんもとってもいい方、別日に気づいて声をかけてくれました。ガイドさんはめちゃくちゃ面白いです、トーク力がハンパない!おもしろ過ぎてアッと言う間に時間が過ぎていきます。ぜひ参加して欲しいアトラクションです。午後便はわりと空いてます。今度は午前便に乗ってみようかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA